ロゴ

ファイナンシャルプランナーに相談して家計の負担を軽減!

たくさんある保険

保険は万一に備えて加入しておくべきものであり、例えば病気で入院や手術をすることになった場合は、保険に加入していないと全てが自己負担になってしまいます。ですが、保険に加入しておくことで入院費や手術費の負担が軽減され、自己負担額が少なくなると言えるでしょう。こういった事態に備え、保険には加入しておくべきだと言えます。

色々ある保険の種類

説明

医療保険

医療保険は何らかの病気や怪我で入院をした際に費用負担を軽減できる商品になっています。医療保険の中には女性特有の病気も対象とした商品もあります。

がん保険

がん保険はがんに特化した保険になっており、万一がんに罹ってしまった場合は治療費などを給付金として受け取ることが可能です。また、過去にがんを患ったことがある人は加入することが難しく、持病をお持ちの方向けのがん保険に加入する必要があります。

生命保険

生命保険に加入している方が死亡した際、家族が受け取ることができる保険です。生命保険には終身タイプや定期タイプ、収入保障タイプがあります。

自動車保険

車を運転する人に欠かすことができない保険になっており、事故を起こした際に補償してもらえる保険になっています。事故はいつどこで起こるかわからないため、もしものときのために加入しておくのがいいでしょう。ただ、同じ自動車保険でも保険会社によって保証内容や金額、サポート内容が異なるので、口コミなどからどの会社のものが良いかを探っておくといいです。

火災保険

自宅が火事になり、建物や家財が火事で失われた際に補償してもらうことができる保険になっています。火災はいつ起こるかわからないため、万一に備えて加入しておくと良いでしょう。

強制もある

保険と言えば基本的に任意となっており、希望する人だけが加入するという形をとっていますが中には強制的なものもあります。自賠責保険などが強制保険に該当し、自動車や原付を運転する人は加入が義務づけられています。そのため、運転をする前に必ず自賠責保険には加入しておくようにしましょう。今ではインターネットからでも簡単に加入手続きをとることができます。

保険に関するおすすめ記事

女性

留学や海外旅行者必見!

留学をする場合や旅行で海外に行く場合、保険に加入していないと現地で何らかのトラブルが起きたり、病気を患ってしまっても補償されません。全て自己負担になってしまうので、海外に行く前に保険について知っておくと良いでしょう。

Read

保険の悩みを相談〜ファイナンシャルプランナー選びのコツ〜

女性

自分に合った保険探し

保険は毎月のように支払いをする必要があり、自身に合わない保険に加入をしていても使うことがなくただお金を払い続けているという状況になるでしょう。また、万一に備えてたくさんの保険に加入するというのも家計の負担を大きくするだけですので、本当に必要な保険にだけ加入する必要があると言えます。自分に合った保険がわからない場合、ファイナンシャルプランナーに保険相談をすると良いでしょう。保険のプロであれば自分に合ったおすすめの保険を紹介してくれますし、無駄な出費を防ぐこともできるので保険貧乏になることを避けることができます。

[PR]
節税対策に逓増定期保険を利用しよう
メリットを事前にcheck☆